上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.07 This Is It Again

人はいつか必ず死ぬ
魂を込めた作品は後世に残る

だから、僕は命をかけて曲を作るんだ


(昔のあるインタビューより)



引っ張ります。

515Y22BevLL16.jpg



マイケル・ジャクソンの『 This Is It 』
また観て来ちゃったっ ふふ



2回目の今回は
細部にわたってじっくり観たわ。

セリフや字幕もじっくり味わった。



タイトルの This Is It




どういう意味だ?
何を指しているんだ・・・・・・




注意深く耳を澄ませていたら
何度か聞こえてきたぜ。




This Is It





マイケルがこんなようなことを言ってた。

このステージは『This is it.』 
字幕:  【新しいことへの挑戦だよ】



今、僕たちが環境破壊を止めなくていつ止めるの?
『This is it.』 
字幕: 【今がその時だよ。】






ほほ~ ふむふむ




帰り道、
二人の若い女性の会話が聞こえてきた。




『私、マイケルを誤解してたよ』

『私もだよ~』






あとね、マイケル嫌いの音楽家の姉がね・・・、


ともちろ : 『マイケルいいのよ~~ん』

姉 : 『全く興味ないわね。だいたいあの高い声好きじゃないわ。どこがいいの? ケッ』


マイケルの良さを分かってくれなかった。




そんな姉からメールが届く。



『映画良かった。マイケルが優しい人だと分かりました。
「一流の人の本気」、に教えられることがあった。観て良かったです。』



ともちろの たくさんの
『This is it!』 
の瞬間でございました。








~~ This Is Itの中でも歌われていました~~


They Don't Care About Us (ゼイ ドント ケア アバウト アス)
(亡くなる2日前の映像です)


最後の最後の1秒まで見て。マイケルがね、微笑むから。

かっちょいい


僕が言いたいことはただ
「誰も僕たちのことを本気に心配していない」ということ
(みんなの言うことなんか気にしなくていい僕たちが正しいのだから)

僕が言いたいことはただ
「誰も僕たちのことを本気に心配していない」ということ
(くだらないものはもうたくさんなんだ)








アゲインのアゲインもする予定です。 ふっ






20091106134050.jpg
ちろちゃんは、退屈。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tomochiro329.blog57.fc2.com/tb.php/138-38535329
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。